less is more

Every day is a new day.
Enjoy life through fashion.
and. . . .keep smiling .

整 理 整 頓

| blog

自分は整理整頓は得意な方だと思ってますが

コロナになっていろんな環境が変わり

更に、「整理整頓」「Less is more」「minimalな環境」

を意識するようになってきた。

「時間がないから片付けられない」ではなく

「片付けないから時間が生まれない」という考え方に!

余白はできるものではなく作るもの。

「片付けが苦手で物を減らせない」ではなく

「物を減らさないから片付けが上手くならない」

余白がなければ大事な物、本当にいいモノに気づけない。

いいモノ、必要なモノを残し、悪いモノ、不必要なモノを捨て去る

” 取捨選択 ” から逃げてたらダメ!

モノや情報が溢れかえってる今

整 理 整 頓 は これから良くなるための “鍵”

のような気がする ・・・・

k.u

いいモノを選べる環境を作る

| blog

自分に合う “いいモノ” を選択するには

モノをたくさん持っているより、

より少なく絞ってモノを持ってる方が

コレクションしてる感があるように思う。

まずはモノを手放し、一軍のスタメンだけを残す。

いいモノを選択し、少ない所有品で生活の質を上げる方が

一つ一つのモノと向き合える。

「ぜんぶ良い」じゃなく「これが良い」の方が

今の時代に合う。

いいモノを少なくを心がけると、今まで気付かなかった

手に入らなかった本当に欲しい物に気付いたり、手に入ったりする。

安くてすぐ使わなくなるモノより多少高くてもいいモノを長く使う方がいい

中途半端に手を出すから「あれも欲しいこれも欲しい」と欲が散らかってしまう。

少なく絞ることで、いいモノ、必要なモノがわかるようになり

選べるようになる。

アパレル業界にも同じことが言える

売上を上げたくて、売れてるブランドがあるとすぐに仕入れ

結果ブランドが増え続けロスが出て、最後は利益を削って

“sale” をし、それでも売り切れず在庫が積もっていく。

モノを、ブランドを、たくさん仕入れるのではなく

本当にお客さんに伝えたいモノ、自分がやりたいもの、

必要なモノを丁寧に仕入れ、大切に取扱い、ディスプレイをし、丁寧に売る。

その為に、いいモノを選べる

店の環境・Lifestyleの環境 をまずは整える。

モノを見つける、仕入れるのはその後から

モノがたくさんあるスペースに更にモノが入ってきても

伝わりにくいし、いいモノがいいモノに見えなくなる。

まずは ” 選べる環境を作る ”

k.u

My summer routine

| blog

僕の夏のルーティーン

連休初日、庭の芝刈り(手入れ)

梅雨が明け、今日も朝から暑い

そんな中、朝7:00 過ぎから蝉の鳴き声を聞きながら作業開始

僕は長崎の海と山、自然がいっぱいの田舎町で育ったので

土をいじったり、海でぼ〜っとしたりするのが好きなんです。

実家に帰ったときに農家の人が草を焼いてることが

あるんですが、その草を焼く匂いが小さかった時の

記憶を思い出させてくれて何とも言えない気持ちになる。

今、福岡に住んでますが庭の手入れをするのも

僕にはいい気分転換

この夏のルーティーンが Lifestyle の一部でもある。

今日も4時間かけて綺麗になりました。

この後のビールがまた最高なんですよ😊

いよいよ夏本番、体調に気をつけながらも

夏を エ ン ジ ョ イ 👍

k.u

ルールを無視

| blog

服をコーディネートする時
無意識のうちにマイルールが存在することがある。

いつもの服をいつも通りに組み合わせ、いつもの髪型にセットする
洋服を買うときもいつも行く店で自分のルールに沿って購入。

「いつも通り」は落ち着くし安心感もある。
でもファッションとして考えると、新しい服にチャレンジすることを
やめてしまうことはもったいないと思う。
自分のルール、固定概念は、今より素敵になれるはずのものを阻止してしまう。

新しい服の着こなしやチャレンジは “自分のアップデート”

自分のルールを一旦無視して
自分の中での決め事を外して
「いつも通り」を
見直してみると今まで見えてなかったものが見える!

そこを楽しむのがファッションじゃないかなぁ・・・

今まで
着たことがない色
被ったことのない帽子
かけたことのないサングラス・メガネ
普段はあまり履かない革靴
今までと違うメイク
行ったことのない新しい店に行ってみる

などなど

自分のルールを無視して
新しい目で、新しい行動で

自分をアップデート👍

Let’s do it !

k.u