less is more

Every day is a new day.
Enjoy life through fashion.
and. . . .keep smiling .

To see a movie .

| blog

1986年 20代前半に友人と見たTOP GUN

それから何度となく見た、何も考えずただ見てて気分が良くなる。

当時、トムクルーズが来てた革ジャン(G1ジャケット) はかなり売れたと思う

そして36年を経て妻と観る ”TOP GUN MAVERICK”

60歳とは思えない身体、撮影してた時は何歳かはわからないけど

いずれにせよ凄い。 同世代として刺激を受けました😅

映画の中でビーチでのアメフトのシーンは何か良かったなぁ〜

このシーンに流れる曲も良かった👍

 

そしてこのフレーズが響いたなぁ〜

” Don’t think. Just do ”

考えるな、行動しろ

 

もう1回見に行こうかな😊

 

kazu

s a l e の意味

| blog

毎日暑い日が続きますね💦

35度超えの毎日、もう異常です。

今年も9月まで夏日が続きそうです。

ここ何年も、9月もショートパンツに Tシャツ

だけどアパレル業界は梅雨が明ける前の6月からモールや百貨店

大手企業も殆どがセール・・・どうなんだろう???

最初からセール前提の仕入れをしてていいんだろうかと毎年思う。

過剰に作り、過剰に仕入れて環境に良くないことをしながら

eco bag を売ってるアパレル業界・・・・

先日、広島に出張に行った時に泊まったホテルで “いいなぁ” と

思うことがありました。

朝食は前日に予約をしないと食べれないようになっていました。

少しでもフードロスをなくす為に、部屋も必要最低限でシンプルで

ミニマル、ホテルのコンセプトもスタッフの接客も満足いくものでした。

アパレルも大量に安く作って、めちゃくちゃなSALEをするより

もっともっと丁寧に仕入れをしてSALE をできるだけ少なくして

プロパー消化を目指したいですね。

いいお店、特に個店さん、路面店さんはSALEをしないお店もありますし

SALE も7月8月で顧客様を中心に必要最低限のSALEのみやられてます。

百貨店やモール、駅ビルは売上をあげて売上の中から決まった何パーセントかを

家賃でもらうからプロパーでもセールでも売上が上がった方がいいから

百貨店やモールとしてのイメージよりも売上最優先!

サスティナブルやSDGs、エコには程遠い考え方のように思える。

もちろん売上は大切だけれど大型店舗なりの “コンセプト” みたいなものが見えない。

難しい問題だけどもっと丁寧に作って、仕入れて、売って

服を通して サスティナブルやSDGs、エコを お洒落を楽しみながら

伝えられたらいいのに!

kazu

自分の選択で生活も変わる

| blog

出張で北海道(札幌)初上陸!

コロナになり海外出張に行っていないここ3年間

色んなことを考えさせられました。今も考え中・・・

今回の札幌出張でも新しい場所・新しい人に会うことで

次のステップへの気付きがいくつもあった。




今は、何を選択するかで

自分の仕事のやり方・生活、Lifestyle を変えれる

選択肢は選びきれないくらいある。

要は決める、決断するだけ

Your choices make your life.

毎日が楽しく過ごせる様に色んなコトやモノをチョイスする

今回は何かと気付かされた出張です。

k.u

伝えたいことを、伝えたい人に、伝えられているか?

| blog

2022秋冬展示会が始まった。
冬が終わり春が来る時期から次の秋冬が始まる。



市場にある
数えきれないほどのブランド
数えきれないほどの商品

いつも考えているけど、
ここ2年コロナ禍になり更に考えた。

自分が本当に
伝えたいことを
伝えたい人に
伝えられてるのかを!

売上は上げるのは大切だけど、そこにとらわれ過ぎて
展示会で商品を丁寧に見せること、接客する環境づくり、
効率よくすることばかりを考え、お客様にとってはこれがいいから
お客様にはこの方が見やすいなどなど、いろんな理由を言いながら
お客様を優先するあまり、一番伝えたかったことを表現できず
伝えられずに終わらせていないかと・・・

商品を一番いい状態で、できるだけいい環境で伝えたい。
お客様に手間と時間を取らせることもあると思うけど
その手間と時間を使っても喜んでもらえるように伝えられたら最高だ。

これは店にも当てはまる。
売上を上げることを考えすぎるあまり店を作ってるというより
ブランドを集めてるから世界観が伝わらなくなっているんじゃないかと。

2022年の秋冬も一人でも多くのバイヤーさんに
一人でも多くのお客さんに届けばと思う。
丁寧に伝えていこう。

#ファッションの力を信じよう

k.u