less is more

Every day is a new day.
Enjoy life through fashion.
and. . . .keep smiling .

自分の歴史 “my closet”

| blog

必要最小限の物を揃えて
ミニマルな生活をするのも好きなlifestyle。

でも服に関して言うと、自分のクローゼットには
たくさんの洋服たちが詰まっている。

この部屋は宝の山
何度となくクローゼットの中を整理して
少なくしたけれど捨てられないモノもある。
でも年に2回は整理をする。

クローゼットには自分のお洒落の
服の歴史が詰まってる。
僕にとっての服は、仕事の武器であり
毎日のモチベーションを上げてくれるモノ。

これは、幼い頃母から教わり
今の仕事を始めた頃、取引先の社長達からも教わった。

一着一着に購入したその時々の
自分の姿が洋服から甦る。
クローゼットの洋服たちは
・自分の記録であり、
・記憶であり、
・成長の証でもある。

たくさんの洋服を着ることで
自分なりにコーディネイトも
少しずつ上達してきたと思う。

年代によって似合い方も
組み合わせも大きく変わってくる。
ファッションって、本当に面白い。
クローゼットの中の洋服たちと会話をしながら
トレンドも加えて、お洒落を楽しんでる。

僕にとっての服は自分をよりよく生かすためのもの。

今日も楽しんで服選び😊

k.u

洋服の ち・か・ら

| blog

毎日、着る服からもらうエネルギーって凄い。

何を着るか、何を選ぶかでその日1日の気分を変えることさえできる。
その日の気分を、空気感を作れる。

服を身にまとうものだけで、パワーがでる。
今日をどう過ごすか、それは自分の心持ち次第、
だから毎日選ぶ洋服にもこだわりたい。

” 服 ”

毎日のモチベーションを上げてくれるもの。

服で 今日が H A P P Y に !

k.u

L・i・s・t・e・n
聞 く

| blog

「 話を本気で聞く 」

仕事、日常においてもすごく重要なこと

自分にも足りていない部分、

つい 自分の意見が前に出てしまう。

耳を傾け、相手が言わんとしていることを本当の意味で理解できたら

ビジネスも今以上にうまくいくはず。

聞くという行為には、”好奇心” が必要

好奇心があるのは、思い込みがないから

ただの質問と、好奇心を持っての質問は全然違う

付き合いが長くなると、互いに相手への好奇心を失いがち、

仕事の同僚、夫婦、家族、友人でもあると思います。

思いやりがないからではなく、単に相手を知っていると思いこんでしまう。

付き合いが長いゆえに、相手も自分と同じものが見えている、

自分たちの考えは似ている同じだという錯覚に陥いる。

そんなことはない、同じ部分もあるけど違う。

「よい聞き手」って、話し手と同じ感情になって聞ける人

相手の言いたいことをくみながら共感できる人

相手の視点を、思考を、受け入れることで自分の器も大きくなる。

一番会話を邪魔するのは「自分は次に何を話そうか」

「次に何を言おう」かと考えながら相手の話を聞くこと

相手が話してるのに、さえぎって自分の言いたいことを言ってしまい

相手に “適切な返答” ができなくなる。

自分の言いたいこと、感情をひとまず置いて、

先に相手の話を聞くようにする が 大切。

まさに自分自身もやらなくてはいけない・・・・😅

k.u

まずは1つに絞る!

| blog

伝えたいメッセージは、一つに!

2022春夏の展示会が始まってきた。
いつも展示会に行くたびに国内でも海外でも
感じることがある。
コロナ禍になって更に思うようになったこと

展示会のサンプルが多すぎて
何が伝えたいのか、何を売りたいのかが
わからない展示会が合同展を含め多いことに・・・

これはお店にも言える、いいブランド
良い商品をたくさん持っている店ほど
「これも伝えたい、あれも伝えたい」
「これも売りたい、あれも売りたい」と
伝えたいこと、売りたいモノが増えすぎてしまって、
何が伝えたいのか分からない。

「自分たちの商品の良さを伝えたい」
その気持ちは、分かる。

でも、

お客さんがそれを受け止められなければ意味はない。
ただの自己満足で終わってしまう。


特に情報が溢れる今の時代、メッセージを絞ることが大事。
今、殆どの人が 大量 の情報を浴び続けているせいで
1つ1つの情報にかけられる時間は、どんどん短くなってる。

ポイントは、自分達のメッセージは
すごく短い時間しか見られないということ。
WEBページにしても、SNSにしても、DMにしても、
その短い時間で相手の関心をつかめなければ、そこで試合終了
商品の良さが伝わることはない。

新規客なら尚更、この傾向は強くなる。
既存の お客さんへのメッセージなら、多少長くても
今までの関係性があれば、読んでくれることもあるけれど
僕のことを全く知らない新規客であれば、「長いな」と思われた瞬間に
そのメッセージは捨てられてしまう。

だからこそ「伝えるべきこと」を1つに絞る。

特に良い商品、いいブランドをたくさん持っていると
伝えたいことがたくさんあるのは分かりますが
全部伝えても、お客さんには伝わらない。
多分、途中から聞いていない😅
「これだ!」という1つに絞ってみると
きっと反応は大きく変わってくると思います。

いいセレクトをするには、いい商品を伝えるには
絞るということが大切なんだと思います。

いい情報が10個あったとして、それを10個のボールにして
一気に投げられても全部は受け取れないですからね
お客様も同じです。
まずは一番伝えた情報を “絞って伝える” が大切なのでは!

k.u